google-site-verification=x0ey2XXWsXQ71KijJhmU71J4hJHkSFNg726Mpg1iN2s

【エログの作り方実践日誌】その 24!アフィログに則り(7)「テキストリンク・バナーボタンを作る方法」

2020年5月31日

【アダルトブログの作り方実践日誌】第24章「テキストリンク・バナーボタンを作る方法」

アフィログ「タイプ別宣伝方法」より「テキストリンク・バナーボタンを作る方法」にのっとり作業します。

初心者はまずテキストリンクがおすすめと、今更かい!と突っ込みたくなる段階で書いています。

バナー広告は目立ちすぎてクリックされにくいが、テキストリンクを交えた文章だと売り込み感が出にくいといいます。
「~はこちらから」という表現が、分かりやすい書き方だそうです。

「購入はこちらから」というあからさまな表現よりも、

「作品詳細ページはこちら」などアンカーテキストの内容を変更した方が前者と比べてクリック率は高くなるそうです。
もっと昔に言って欲しかったよ!
とはいえ、これはアダルトのみならず、凡そ全てのアフィリエイトに通じる骨法(格闘技にあらず)かもですね。

なお、この項目では「リンク色と文字サイズについて」についても親切にタグを解説してくださっています。

また、この項目では自分でバナーをこしらえるための便利なアイテムCSS Button Generaotorなるソフトについてもスペースを割いて解説しています。
実践にうつすにはいま少し時間がかかりそうなので、先々の課題とします。
で、その先にかいてあることがまた重要です。
もっとも、もっと昔に教えて欲しかったよ!感はありますが。

テキストとバナーボタンは、1箇所目にテキスト、2箇所目にバナーボタンで。

リンクは適当にはっていては、却って読者は離れてしまう。
売込みではなく表向きはあくまで「この作品のここがオススメ」「このサービスが素晴らしい」「ここでしか見れない」という紹介というスタンス。

で、この章、最後のほうで、お恥ずかしい話、最初期の自分がまさにやっていた、今も時折やっているやりかたをずばり言ってくれてます。

「よく巷のアダルトサイトで見られる特徴が、紹介文やオススメポイントなどもろくになく、ただただ画像リンクと動画リンクが羅列しているだけ、の雑な売り込み方でリンクを貼りまくっているサイトです。
このようなサイトの場合、全くもって収益は上がりませんし、当たればラッキーくらいの感覚でやっているので、間違ってもそのような「手抜き」はしないよう気をつけましょう。」

すみません、以前はちょいちょいやっていました。

生身の女性を抱きたくなったら、ぜひ一度クリックして中身を確認してください。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX